リンゴ酢は寝る前がおすすめ?安眠効果を期待するなら夕食前に飲もう

スポンサーリンク
食材
スポンサーリンク

リンゴ酢の飲むタイミングに特別な決まりはありませんが、お酢の持つ様々な効能により安眠効果を期待するなら、寝る前よりも夕食前がおすすめです。

寝る前に飲むと良いという噂は、調べてみると、寝る直前という意味ではないと分かりました。

この記事では、寝る前でなく夕食前に飲むといい理由やお酢の効果効能について、詳しくお伝えしていきます!

私は昔からお酢独特の匂いと酸っぱさが苦手で、リンゴ酢もなかなか手が出せないでいました。

ところがたまたまリンゴ酢を使った料理を食べた際、味も香りも良くて摂取しやすいと気付いたのです。

私のように、お酢が得意でなくても美味しく摂取できるレシピもご紹介します。

食前だけでなく、食事に取り入れるのもおすすめですので、無理なく取り入れてリンゴ酢のある食生活を楽しみましょう♪

スポンサーリンク

リンゴ酢を飲むタイミングは寝る前より夕食前がいい!

リンゴ酢を寝る前に飲むと良いと言われている理由を探ってみると、リンゴ酢には安眠効果が期待できるからだと分かりました。

私は昔、お酢を飲むと体が柔らかくなると聞いた事はありましたが、安眠効果があるという噂は調べてみて初めて知りました。

安眠効果を求める場合の飲むタイミングは、寝る直前より夕食前がおすすめですよ。

安眠効果があると言われる理由は、お酢のもつ以下のような効果効能によるものです。

  • 血糖値を安定させる効果
  • アミノ酸やクエン酸により疲労回復を助ける効果
  • 血行が良くなる効果

3つの効果効能について、リサーチしてみました。

リンゴ酢を食事前に飲むと血糖値が安定する

リンゴ酢には血糖値を安定させる効果があるので、夕食前に飲むと安眠効果が期待できます。

以前放送されていた身体のお悩み解決バラエティ「その原因、Xにあり!」でリンゴ酢の飲むタイミングと理由を紹介していました。

「その原因、Xにあり!」は、誰もが気になる身体の悩みに対し、食事法や生活習慣の見直しなどの解決法を教えてくれる番組でした。

毎回新しい発見があり、そうだったのか!といつも新鮮な驚きを与えてくれましたよ!

寝る前の過度な糖分摂取で、睡眠中に血糖値が激しく乱高下する事をジェットコースター血糖と呼び、睡眠障害の原因の一つになります。

ジェットコースター血糖という言葉を初めて聞きましたが、確かに激しいアップダウンでリラックスはできなそうです!

番組では、酢酸というお酢の成分が、胃の働きを遅くして糖の吸収をゆるやかにさせるので、血糖値の上昇を予防する働きがあると紹介していました。

自然派ワインの通販会社であるハウディのホームページでも、同番組を受けてのリンゴ酢と血糖値の関係を以下のように記しています。

(前略)アリゾナ州立大学の研究によると、リンゴ酢を飲んで7時間後の血糖値が飲む前と比べて4%減少したという検証結果も出ているそう。つまり夕食前にリンゴ酢を飲めば、寝ている間のジェットコースター血糖を抑える効果が期待できるのだそうです。(後略)

ハウディ

睡眠中に血糖値を抑えられている状態になるのが好ましいので、逆算すると夕食前あたりに飲むのがおすすめという事ですね。

ですが、空腹時にリンゴ酢を飲むと胃が荒れる可能性もあると言われているので、心配な方は食事中もおすすめですよ。

飲み物にリンゴ酢を足したり、料理に取り入れたり、夕食と共に摂るのも良いでしょう。

クエン酸による疲労回復で目覚めスッキリ!

リンゴ酢を含むお酢にはクエン酸が含まれており、疲労回復の力があるので、朝スッキリ目覚める助けになります。

わかさの秘密のホームページでも、お酢には酢酸やクエン酸、アミノ酸が豊富に含まれていて、疲労回復に効果的だと述べられていました。

また、疲労を回復するだけでなく、疲労が溜まりにくい体をつくる働きもあると記載されています。

お酢のパワーで、疲れ知らずな体を目指したいですね!

私は睡眠障害ではありませんが、長時間眠れなかったり、寝起きも疲れを引きずってしまう時があるので、リンゴ酢を飲んで安眠効果を試してみたくなりました!

もちろん睡眠を妨げているものは、寝る前のPCやスマホ使用だったりと様々な原因がありますが、リンゴ酢を飲む事で日々の習慣を見直すきっかけになりそうです。

血行が良くなり新陳代謝のよさが良い眠りにつながる

お酢を摂取すると血行が良くなり新陳代謝が上がると言われており、血行が良くなると睡眠の質も上がるのが期待できます。

わかさの秘密のホームページには、お酢に含まれるアミノ酸やクエン酸は、血流を良くしてサラサラの血液にする効果があると述べられています。

血行を良くするのにはお風呂が効果的ではありますが、1人暮らしや暑い夏にはついシャワーだけで済ませてしまう方も多いでしょう。

また、私はデスクワークのため長時間同じ姿勢でいるので、血行が悪くなっているなと感じる時が多々あります。

お風呂同様、ストレッチも血流を良くする効果があるのは分かってはいるのですが、なかなか習慣づけられずにいます。

食事前や食事中にリンゴ酢を飲むだけならば、簡単に続けられる気がしてきました!

リンゴ酢ダイエットは簡単なので毎日続けられる

リンゴ酢に含まれるお酢には安眠効果も望めますが、ダイエットや美容効果も期待できます。

最近はリンゴ酢を始め、フルーツ系の飲むお酢なども各メーカーから続々と販売されており、健康志向の方やダイエット中の方からも大注目されていますね。

スーパーに行くと、オシャレな果実酢も多く売っていて、要チェックですよ!

ダイエットに良いとされる理由と、効果的な飲み方、飲む際に注意するポイントをご紹介します。

毎日15mlのお酢が内臓脂肪を減少させる助けになる

15mlのお酢を毎日継続的に摂取することで、内臓脂肪が減らせると言われています。

ミツカンのホームページでは、肥満気味の人が毎日約15mlのお酢を含む飲料を12週間摂取した際の実験結果が掲載されていました。

体重、腹囲、BMI、血中中性脂肪の全てにおいて、数値が減少したという科学的データがあります。

(前略)研究では12週間毎日継続してお酢を摂取した肥満気味の方の内臓脂肪が減少したことが報告されています。

そのため内臓脂肪を減らすためには、お酢を「大さじ1杯(15ml)を目安に」毎日継続して摂ることで効果が期待できます。(後略)

mizkan

私は毎年地味に体重が増え続けているのですが、食事制限などの厳しいダイエットはやる気がおきません。

お酢が体にいいとは以前から聞いた事がありましたが、ダイエット効果も期待できるとは知りませんでした。

毎日15mlのお酢を摂取するダイエットなら、気負わず続けられますね!

ですが、お酢の効果だけで痩せるというわけではなく、日々の食生活や生活習慣を整える事ももちろん忘れてはいけませんね。

お酢を摂取する際の注意点もいくつかありますので、次の章でお伝えしていきます。

リンゴ酢を飲む際に気を付けるポイント5つ!

お酢の効能はたくさんあり、安眠効果やダイエット効果も期待できますが、お酢のもつ性質や刺激により、摂取の際に注意するポイントがあります。

リンゴ酢を飲む際に気を付けるべきポイントを、5つにまとめてみました!

リンゴ酢を飲むときのポイント
  • 空腹時は胃に負担がかかるので避ける
  • 原液を飲むのは避け、5倍~10倍に薄めて飲む
  • 1日15mlが目安で、飲み過ぎはよくない
  • 初めは少量から、1日数回に分けて飲む
  • 飲んだ後すぐに歯を磨かない

リンゴ酢を飲むタイミングは1日のうちいつでも良いのですが、空腹時は刺激が強いと言われています。

食前であればまた違ってきますが、空腹状態でリンゴ酢だけを摂取するのは避けた方が良いですね。

初めて飲む方は、最初は少しずつにして、様子を見ながら徐々に量を増やしてみるのが良いでしょう。

ダイエットだとすぐに効果を求めてしまい、いきなり本格的に始めてしまいたくなりますよね。

私もヨーグルトダイエットや筋トレなど色々試した事がありますが、最初から量や時間を増やし過ぎて失速してしまうパターンが多かったですね。

少しずつ、継続して習慣化するのが一番だと思います。

飲んだ後すぐ歯を磨いてはいけないのは何故でしょう?

リンゴ酢など酸の強い飲食物を多く摂取すると、歯の表面のエナメル質が溶けてしまったりすり減ってしまう事があり、「酸蝕症」と呼ばれています。

「酸蝕症」を予防するには、口の中をアルカリ性飲料などで中和したり、しばらく時間を置いてから優しく歯磨きをするようにしましょう。

お茶や乳製品などが口の中をアルカリ性に傾ける助けになります。

「酸蝕症」という響きが少し不安にさせてしまいましたが、リスクを知っていれば、ちょっとした工夫で安心して飲めるようになりますね。

ダイエットなら水割りやお湯割りでヘルシーに飲もう

リンゴ酢の水割りは、リンゴ酢さえあればいつでも簡単に作れて、何よりヘルシーなのでダイエットに最適です。

ダイエットならできるだけカロリーも抑えたいですよね。

最近では、リンゴ酢ドリンクなど、飲む用のお酢が数多く販売されており、フルーティーで飲みやすいお酢もたくさんあります。

しかし、味は美味しいけれど、糖分が多く含まれているものも多いので注意が必要ですよ。

リンゴ酢だけでも、スーパーでいくつも種類があるけれど、どれを買えばよいのかしら?

リンゴ酢は主に2種類あり、醸造アルコールが入ったリンゴ果汁を主原料とする「リンゴ酢」と、リンゴ果汁や果肉のみで作られた「純リンゴ酢」があります。

どちらも成分に大きな違いはないので、価格や味などで選ぶのもよいでしょう。

一般的に、リンゴ酢の方が価格は安いですね。味は純リンゴ酢の方が濃厚で深い味わいの物が多い印象です。

リンゴ酢の水割りやお湯割りの濃さは、ネットでは7倍位に薄めるのが人気のようでしたが、それぞれお好みの濃さを見つけて楽しんで下さいね。

リンゴ酢にはちみつを入れると酸味が和らぎ飲みやすい

リンゴ酢の水割りやお湯割りは手軽に飲めるのが嬉しいですが、酸味が苦手で飲みにくさを感じたら、はちみつを入れるのがおすすめです。

私は小さい時からはちみつが大好きで、料理にもよく使うので、家に常備してあります。

カロリーは上がってしまいますが、美味しくないと続かないのも事実ですよね。

また、スッキリしたい時には、はちみつを入れた炭酸割りが良いですよ。

ミツカンのホームページに載っている、「りんご酢はちみつソーダ」のレシピをご紹介します。

リンゴ酢の炭酸割りはのど越しスッキリで夏にピッタリ!

リンゴ酢の炭酸割りは、さっぱりした後味で夏の暑い日に飲みたくなるドリンクです。

ミツカンのホームページを始め、クックパッドなど多くの料理アプリでも紹介されています。

お酢が苦手な方は、はちみつを入れると、まろやかな味わいになり飲みやすくなりますよ!

今回はミツカンのホームページで紹介されている「りんご酢はちみつソーダ」を作ってみました。

りんご酢はちみつソーダ
  • 炭酸水 3/4カップ
  • リンゴ酢 大さじ1
  • はちみつ 大さじ1

グラスにリンゴ酢とはちみつを入れてよく混ぜて溶かし、炭酸水を加えるだけでとても簡単です!

私は暑い夏に、たくさん氷を入れて見た目も涼しげに飲んでみましたよ。

少しお酢感はありましたが、水割りよりも酸味が中和されて飲みやすく感じました。

個人的には、お酢の量を半分位にした方が飲みやすいかなと思いました。

カロリーは若干ありますが、はちみつ入りのストレートで飲めるリンゴ酢飲料も売っているので、はちみつ入りが定番な方はそちらを購入しても良いでしょう。

リンゴ酢とはちみつ入りヨーグルトは腸活の助けにもなる

リンゴ酢とはちみつの相性はとても良く、飲み物だけでなく、ヨーグルトなどに取り入れるのもおすすめですよ。

私は数年前から、腸活も兼ねて毎日ヨーグルトを食べるようにしています。

ヨーグルトは無糖のプレーンにして、トッピングは、フルーツグラノーラ、オールブラン、きなこ、バナナなどです。

ヨーグルトは色々なものと相性が良いので、健康に良いものをこれでもかというほど沢山盛り込んで食べています!

リンゴ酢とはちみつも、ヨーグルトにとても合い、美味しく食べられましたよ。

ヨーグルトは腸の働きにもよい効果が期待できるので、美味しくて健康的で、嬉しい限りですね。

ミツカンのカンタン酢シリーズは1本で味付けが決まる

ミツカンの「カンタンリンゴ酢」は、様々なお酢メニューが調味料要らずで簡単に作れて、お家に1本あれば大活躍してくれる商品です。

ミツカンが販売しているカンタン酢シリーズのひとつで、ホームページでも、カンタン酢シリーズを使ったレシピが沢山紹介されています。

ミツカンのホームページは、とても充実していて見ていて楽しくなりますよ!

レシピを紹介する前に、カンタン酢シリーズについてご説明します。

カンタン酢シリーズは5種類あり様々な料理に使える

ミツカンではカンタン酢シリーズとして、2022年7月現在、5種類の商品を販売しています。

  • カンタン酢
  • カンタン黒酢
  • カンタンリンゴ酢
  • カンタン酢レモン
  • かけるカンタン酢

私が購入した「カンタンリンゴ酢」は、芳醇な香りとコクが特徴の調理酢です。

カンタンリンゴ酢1本で、マリネやピクルス、サラダ、肉料理、パスタなど幅広い料理に使えます!

料理する際に、様々な調味料を使用する場合、作っている最中で足りないものに気付いたり、計量に手間どったりとなにかとバタバタしますよね。

私は料理のレシピをなかなか覚えられないので、いつもキッチンの空きスペースにレシピファイルを立てかけながら料理するので、やりにくさを感じていました。

1本で味付けが完成するなら、ストレスを感じずに料理を楽しめますね。

次の章では、実際にカンタンリンゴ酢を使ったおすすめレシピを紹介します!

カンタンリンゴ酢のレシピが驚くほど簡単だった!

ミツカンの「カンタンリンゴ酢」を購入してみたら、思いがけず使いやすく美味しくて大満足しています。

私は今までお酢を買っても、ちらし寿司やポテトサラダ位しか使い道がなく、無駄にしてしまう時もありました。

ですが、「カンタンリンゴ酢」なら作ってみたいレシピが満載で、すぐ使い切ってしまいそうです。

私が試してみたイチオシレシピを2つご紹介します。

カンタン酢テーキは材料も少なく美味しくて最高!

「カンタンリンゴ酢」を使ってチキンステーキを作ってみたら、あまりに簡単で美味しくできたので、我が家の定番レシピ決定です!

新しく発売されたミツカン「カンタンリンゴ酢」のCM中に作られていたおかずです。

子供たちが料理に大喜びの、かわいらしいCMでしたね。

ミツカンのホームページに記載されている材料と作り方に基づき、手順をまとめました。

材料/2人分
  • 鶏もも肉 1枚
  • サラダ油 小さじ1
  • カンタンリンゴ酢 1/2カップ

私はよく時短料理や簡単レシピを検索しますが、こんなに材料が少ないレシピは初めてです!

嬉しいことに下準備も必要なく、いきなり肉を焼いていきますよ!

チキンのカンタン酢テーキ
  • 1
    フライパンにサラダ油を熱し、皮を下にして鶏肉を中火で焼く


  • 2
    きつね色に焼けたら、裏返しにして蓋をして1分間蒸し焼きにする

  • 3
    余分な油をキッチンペーパーで吸い取り、「カンタンリンゴ酢」を1/2カップ入れて、強めの中火で煮る
  • 4
    煮立ったら中火にして5分ほど煮て、煮汁にとろみが出てきたら弱火にして2、3回裏返しながら焼く

    煮汁がキツネ色になるまで煮詰める

  • 5
    食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付けたら、煮汁をかけて完成


フライパンで、チキンと「カンタンりんご酢」を煮詰めるだけなので、一度作ってしまえば、レシピを確認する必要はありません。

我が家は皆お酢が苦手な方で、特に子供はお酢を使った料理は普段ほとんど手を付けません。

ですが、この「チキンのカンタン酢テーキ」は我が家で大好評でして、また食べたいとリクエストを頂きましたよ!

簡単に作れて、美味しくて家族も大満足のレシピでした。

料理にリンゴ酢を取り入れるのは、お酢に苦手意識のある方にはおすすめの方法ですよ。

カンタンリンゴ酢で作る万能だれが優秀だった

ミツカンのホームページにはレシピが豊富に載っていますが、中でも万能だれのレシピが数多くあり、どれも日々の料理に大活躍してくれます。

その中でも、「トマトの万能だれ」が使えるバリエーションが豊富で気になったので作ってみましたよ。

レシピはミツカンのホームページを基にしています。

材料/4人分

  • 青じそ 5枚
  • トマト 1/2個
  • 玉ねぎ 1/4個
  • カンタンリンゴ酢 1/2カップ
  • オリーブオイル 大さじ1
  • ブラックペッパー 少々

作り方はコツいらずで、材料すべてを混ぜるだけで完成です!

今回私は「カンタンリンゴ酢」を使いましたが、ミツカンの同シリーズ「カンタン酢」や「カンタン黒酢」でも美味しく作れます。

トマトの万能野菜だれ
  •  1
    青じそとトマトは5mmの角切りにし、玉ねぎはみじん切りにする
  •  2
    容器に刻んだ野菜を入れてブラックペッパーをかけ、調味料を全て入れて混ぜ合わせる

季節にもよりますが、清潔な容器に入れて冷蔵庫に保存して、4~5日を目安に消費しましょう。

私はそうめんにかけて食べたのですが、さっぱりしてさわやかな味でした。

私は酸味を少し抑えたくて、めんつゆを少し加えてみたのですが、とても食べやすくなりましたよ。

そうめん以外でも、肉料理、魚料理、パスタなど、本当に万能に活躍してくれること間違いなしです。

作り置きの際は、野菜から水が出るので、使う際に味を微調整すると良いですね。

冷蔵庫にあると安心できる、おすすめ万能だれですよ!

私は今までお酢を使ったレシピに詳しくなかったのですが、リンゴ酢を使ったレシピを色々試してみたくなりました!

まとめ

  • リンゴ酢の飲むタイミングは特別に決まっていないが、安眠効果を期待するなら寝る前よりも夕食前の方がおすすめ
  • お酢には、血糖値を安定させる、疲労回復させる、血行をよくする効果が期待できるので、リンゴ酢には安眠効果があると言われている
  • リンゴ酢を空腹時に飲むと刺激が強く胃を荒らしてしまう可能性もあるので、空腹時にリンゴ酢だけを飲むのは控えた方がよい
  • 毎日15mlのお酢を継続的に飲むと内臓脂肪が減ったという実験データがあり、リンゴ酢はダイエットにも効果があると言われている
  • リンゴ酢とはちみつは相性がよく、リンゴ酢の水割りやお湯割り、炭酸割りで飲む際にはちみつを入れると酸味が和らいで飲みやすい
  • ミツカンから発売されているカンタン酢シリーズは5種類あり、1本で味付けが決まり料理が簡単になると大人気である
  • 「カンタンリンゴ酢」を使った「カンタン酢テーキ」はCMでも好評のメニューで、他の調味料は一切必要ないのに美味しく作れて大満足
  • 「カンタンリンゴ酢」を使ったレシピの「トマトの万能野菜だれ」は、肉料理、魚料理、そうめんやパスタなど、幅広い料理に使えるので作り置きしておくと便利

私は昔からお酢の酸味が苦手で、最近まではお酢を飲んだり料理に使う機会もほとんどありませんでした。

ですが、リンゴ酢は普通のお酢に比べてフルーティーでとっつきやすく、料理に使うと味もまろやかになって美味しくなると気が付きました。

リンゴ酢には、安眠効果やダイエット効果も期待できるとわかり、今では日々の生活に自然に取り入れられていますよ。

リンゴ酢の水割りや炭酸割りを食事前に飲んだり、リンゴ酢をレシピに加えたりして、質の良い睡眠や健康の助けになれば良いなと思います。

タイトルとURLをコピーしました