ピルクルとヤクルトの違いを解説!成分の差は少ないが価格に違いあり

スポンサーリンク
食材
スポンサーリンク

ピルクルとヤクルトは、健康に良くて子どもから大人まで好きな人が多い乳酸菌飲料というイメージがありますよね。

私も子どもの頃どちらも好きでよく飲んでいた記憶があるのですが、ピルクルとヤクルトの違いは何かを聞かれると詳しく答えることができませんでした。

どちらも大変似ている商品なので違いを説明するのは難しいのではないでしょうか。

そこで両方の商品を購入し、味の飲み比べや成分を比較すると、成分に大きな差はなくても味や価格に違いがあると分かりました。

同時に商品を購入して飲み比べる機会は今までなかったので、新鮮な気持ちになれました!

また、カロリーが気になる方の為にカロリーオフの商品と、効果的な飲み方についてもご紹介していますのでピルクルとヤクルトを購入する時は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ピルクルとヤクルトの成分を比べてみた

ピルクルとヤクルトの違いを知りたい時に最も気になるのは二つの成分に差があるのかどうかですよね。

私はこういった飲料や食品の成分を毎回気にして購入することは少なく、なんとなく健康に良さそうだな、というイメージで買うことが多いです。

今回はピルクルとヤクルトの詳しい成分を比較しようと思い、どちらも購入してみました。

二つとも同じような容器に入っていて色や味まで大変似ているので、ほとんど違いはないのでは?と思う方が多いのではないでしょうか。

ピルクルとヤクルトをの成分を見比べてみると、数値に多少の差はあるものの、やはり大きな違いはないことが分かりました!

ピルクルとヤクルトのパッケージに記載している成分を表にまとめてみたので、購入の際は参考にしてみて下さい。

ピルクルとヤクルトの成分に大きな差はない

ピルクルとヤクルトの違いを知るには実際に購入して比較するのが一番分かりやすいですよね。

改めてピルクルとヤクルトの商品を見てみると、甘さ控えめでカロリーオフの商品など色々な種類があって驚いたのですが、今回は最もスタンダードな商品を1種類ずつ購入しました。

こちらが今回購入した「Newヤクルト」です。5本入りで、ストローも付いているので飲みやすく工夫されていますね。

ピルクルはこちらの「ピルクル400」を購入しました。通常は10本入りですが、限定で2本増量しており合計12本入っていてお得でした!

二つの商品の裏面に書いてある1本あたりの成分を表にまとめてみました。先ほどもご紹介しましたが、多少の差はあるもののほとんど違いはありませんでした。

ピルクル400Newヤクルト
容量65ml65ml
熱量42kcal50kcal
たんぱく質0.8g0.8g
脂質0g0.1g
炭水化物9.8g11.5g
食塩相当量0〜0.1g0〜0.1g

差があるのは熱量・脂質・炭水化物でヤクルトの方が少し多くなっているのが分かります。

また、ピルクルとヤクルトは関与成分にも違いがあり、ピルクルの関与成分は「乳酸菌NY1301株 400億個」ヤクルトは「L.ガゼイ YIT 9029(シロタ株)200億個」です。

ここで出てくる「関与成分」は日常生活では聞き慣れない言葉ではないでしょうか。

関与成分とはどういう意味なのかを調べると、ピルクルとヤクルトにおいてとても大事な成分だと分かりましたので、次で詳しくご紹介します。

やっぱり、ピルクルとヤクルトにあまり成分の差はないのね。

関与成分とは何?特保についてもご紹介

私は食品について専門的な勉強をしたことがなく、関与成分とはどういう意味か分からなかったため調べてみました。

日本健康・栄養食品協会によると、関与成分とは特定保健用食品に必ず含まれ、健康を維持増進する効果を発現し、体の調子を整える働きのある成分のことです。

ピルクルとヤクルトの場合、この関与成分は乳酸菌ということになりますね。

ピルクルとヤクルトの公式ホームページによると、乳酸菌は生きて腸まで届き、善玉菌を補い毎日の健康に役立つと言われています。

ピルクルとヤクルトに含まれている乳酸菌を飲み続けることによって、私たちの健康を増進してくれるということですね。

また先ほどピルクルとヤクルトの関与成分が少し違うとご紹介しましたが、乳酸菌の種類が違うというだけで生きて腸まで届く働きは同じになります。

しかし、ヤクルトの公式ホームページによると「L.ガゼイ YIT 9029(シロタ株)」がストレス緩和や睡眠の質向上に役立つという研究もされていました!

ヤクルトの乳酸菌が腸だけでなく、睡眠の質やストレス緩和にも作用するとは驚きの効果ですよね。

またピルクルやヤクルトのような特定保健用食品は「特保」とも呼ばれます。特保という言葉は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

特保とは食品中に含まれる関与成分が健康維持や増進に役立つと科学的根拠が示され、国の審査のもとに消費者庁からその効果を表示する許可を受けている食品のことです。

私もよくCMや店頭で特保の商品を見かけるので、なんとなく体に良いんだなというイメージは持っていたのですが、国の厳しい審査を通っている商品だったのですね。

特保の商品には、全てのパッケージにこのような消費者庁許可のマークが付いています。ピルクルとヤクルトの両方でこのマークを確認しました。

引用 厚生労働省

他にも調べてみると、ピルクルやヤクルトのような乳酸菌飲料だけでなくお茶やガム、油などにも特保のマークが付いている商品があることが分かりました!

私も今後買い物をする時は、このようなマークも参考にして健康に気を配っていきたいなと思います。

特保は国の審査を通った素晴らしい商品なのね。今度から特保の商品を選んでみるわ!

ピルクルとヤクルトの値段を比較!安いのはピルクル

ピルクルとヤクルトは健康のために飲み続けている方もたくさんいらっしゃると思います。

ずっと飲み続けるなら、あまりに高い商品だと家計を圧迫してしまうので値段は気になるところですよね。

私も牛乳など、毎日飲むものはなるべく安くなっている日を狙って買うようにしています。

ピルクルもヤクルトも、メーカー希望小売価格は2022年2月現在どちらも税込440円以下とお手軽な価格で購入でき、さらにピルクルの方がヤクルトより安くなっています。

ピルクルの方が安く手軽に買えてヤクルトと成分もあまり変わらないのでピルクルの方が良いのでは?と思うかもしれません。

しかし、ヤクルトは乳酸菌研究の歴史が長く、世界初の研究を行った実績があります。

乳酸菌の研究を長年行なってきたを歴史を知ると、ヤクルトの商品に対する安心感が出てきますよね。

ピルクルとヤクルトの価格差を調べてみましたので、こちらも表にまとめました。

もちろん、ピルクルもヤクルトも特保のマークがありますし、味や価格などあなたの好みでどちらか選ぶのがおすすめです!

ピルクルは値段が安くヤクルトは歴史がある

先ほどピルクルの方が値段が安いとご紹介しましたが、ヤクルトとはどのぐらいの価格差があるか気になりますよね。

私も主婦になってからは、色々な商品の価格差やスーパーごとの違いを研究するようになったので価格は重視したいポイントでもあります。

2022年2月現在のピルクルとヤクルトのメーカー希望小売価格を表にまとめてみたので、購入する際は参考にしてみて下さい。

ピルクル400Newヤクルト
5本パック165円(税込)220円(税込)
10本パック297円(税込)437円(税込)

5本パックだと55円、10本パックだと140円ほどピルクルの方が安いので価格重視の方にはピルクルがおすすめです。

しかし、先ほども述べた通りヤクルトには古い歴史があり、創始者である代田稔さんが世界で初めて乳酸菌の強化培養に成功し、予防医学の普及に生涯を捧げてきました。

ヤクルトにはこういった背景もあるので、古くから乳酸菌研究に特化したヤクルトの方が好きだという方も多いと思います。

私もヤクルトと言えば乳酸菌飲料というイメージがあるのですが、このような歴史を初めて知れて大変勉強になりました!

もちろん、ヤクルトどちらを選ぶかはご紹介した価格や味、こういった背景などからあなたの好みで選んでみて下さい。

ピルクルとヤクルト、意外に価格差があるのね。家族の好みも聞いてみようかしら。

ピルクルとヤクルトの味を飲み比べてみた

今回ピルクルとヤクルトを両方購入したので、主人と一緒に飲み比べて感想を言い合ってみました。

私も主人も美味しいものを食べたり飲んだりするのは好きなのですが、あまり味にこだわりはなく何でも美味しいと思う方です。

しかし今回は飲み比べということで、いつもよりゆっくりと味わって飲んでみました!

すると、ほとんど同じ味ではあったのですが少しだけ違いがあるという結論に至りました。

もちろん、人によって好みは分かれますしどちらの方が美味しいという評価ではありませんので、購入の際に少しでも参考にして頂けると嬉しいです。

ヤクルトの方が甘くてピルクルはすっきり

まずヤクルトは5本パック、ピルクルは12本パックになっていたので1本ずつ取り出した写真がこちらになります。

一見ピルクルの方が大きく見えますが、どちらも65mlなので容量は同じですね。

ピルクルとヤクルトを早速開けて、せっかくなのでそれぞれの色を見比べようと全く同じグラスに出しました。

見比べなければほとんど分かりませんが、よく見るとピルクルの方が少しだけ濃い色をしています。

今までこんな風に似ている商品を見比べたことがなかったので、新しい発見をしたような気分になれました!

色や容量をじっくりと見比べた後、実際に飲んで感想を話し合ってみました。

ヤクルトの方が濃くて甘い気がするなあ。子どもの頃大好きだったのが分かるよ。

私もそう思う!どちらも美味しいけど、ピルクルの方がスッキリしてるかも。

二つの商品を飲み比べると、主人も私もヤクルトの方が濃くて甘みと酸味を強く感じられ、ピルクルはすっきりしているという感想が出てきました。

ピルクルは「ゴクゴク飲める乳酸菌飲料」として売り出されているので、まさにその通り飲みやすい商品だと言えますね。

対するヤクルトの方は、濃くて酸味を強く感じられるということで、より体に作用して健康増進をしてくれそうな味だと思いました。

ピルクルとヤクルトが甘い理由は?

久しぶりにピルクルとヤクルトを飲んでみると、主人も私もピルクルのがすっきりしているものの、どちらも甘いことには変わりないという感想になりました。

子どもの頃は甘い方が好きだったのに、大人になると甘さより飲みやすさを重視する方も多いかもしれません。

では、なぜピルクルとヤクルト甘いのかが気になって調べてみると、その理由は乳酸菌にありました。

先ほどもご説明した通り、どちらも乳酸菌が関与成分となっています。この乳酸菌はとても酸っぱく、原液そのままだと飲むには難しいと言われています。

乳酸菌で健康増進できるのは嬉しいですが、あまりに酸っぱいと大人でも飲むのが辛いですし、お子さんも飲めませんよね。

ヤクルトとピルクルが甘い理由は、乳酸菌の酸っぱさを和らげるために甘みづけをしているからで、甘みづけによってヤクルトの方がピルクルより少しカロリーも高くなっています。

この「甘み」とは、両方の商品に含まれている炭水化物のことを指します。炭水化物は糖質と食物繊維から成り立っており、糖質は私たちの体で消化吸収されやすいと言われています。

(前略)炭水化物は炭素と水素の化合物で、たんぱく質、脂質と並ぶエネルギー産生栄養素のひとつです。食物として体内に取り入れられエネルギー源となる糖質と、体内の消化酵素では消化できない食物繊維があり、糖質は単糖類、少糖類、多糖類に分類されます。(後略)

引用 厚生労働省

先ほどご紹介した成分の比較表を再度見てみると、ピルクルの炭水化物9.8gに対しヤクルトの炭水化物は11.5gと少し多いので、ヤクルトの方が甘いと感じるということですね。

私は今まであまり食品や飲料の成分を気にせず購入していたのですが、今後商品を選ぶ時はパッケージに書いている成分も参考にしてみようと思いました!

食品に含まれている成分は意外と味に表れているのね。これから参考にしてみるわ!

ピルクルとヤクルトのカロリーオフと通常商品を比較

ピルクルもヤクルトも美味しいんだけど、カロリーが気になる…

ピルクルとヤクルトは炭水化物が含まれていることにより甘みを感じると先ほどご紹介しました。

甘くて美味しいのは飲みやすくて嬉しいのですが、ピルクルとヤクルトに含まれるカロリー・糖質が気になるという方も多くいらっしゃると思います。

私も昔はカロリーを気にせずに好きなものを食べたり飲んだりしていたのですが、最近ではカロリーオフというパッケージに惹かれるようになってきました。

また、甘い味が苦手な方・甘さ控えめが好みだという方もたくさんいらっしゃいますよね。

カロリーが気になる方や甘さ控えめが好きという方の為に、ピルクルとヤクルトではカロリーオフの商品も発売されています!

カロリーオフだと、糖質を制限されている方やカロリーが気になる方でも安心して飲めますし、甘さ控えめに作られているので甘みが気になる方にもおすすめです。

ピルクルとヤクルトのカロリーオフ商品について詳しくご紹介しますので、購入する際は参考にしてみて下さい。

ピルクルのカロリーオフ商品をご紹介

ピルクルは甘くて美味しいですが、大人だとカロリーが気になるという方や、お子さんにも少しでもカロリーを抑えた商品を飲んで欲しいという保護者の方も多いと思います。

ピルクルには、通常のピルクルに比べてカロリー30%オフ、脂肪分ゼロの「ピルクル400 Light」という商品があります。

ピルクル400 Lightと通常のピルクルの成分を比較して表にまとめると、本当に同じ容量でカロリーが30%オフになっていることが分かりました!

ピルクル400 Lightピルクル400
容量65ml65ml
熱量29kcal42kcal
たんぱく質0.7g0.8g
脂質0g0g
炭水化物6.4g9.8g
食塩相当量0〜0.1g0〜0.1g

炭水化物もピルクル400 Lightだと6.4gに抑えられているので、カロリーが気になる方でも安心して飲めますね。

こちらの商品の口コミを調べてみると、「通常のピルクルに比べてあっさりしている」「カロリー低めなので安心して飲める」という口コミが多く見られました。

やはり甘さやカロリーが気になるという方が愛飲されているという印象ですね。

私も最近はカロリーを気にして食品を買うようになってきたので、次に買うときはカロリーオフを検討してみようと思います。

ピルクルは他にも、マルチビタミンが摂れる「ピルクル400 マルチビタミン」や鉄分が摂れるプルーン味の「ピルクル400 鉄分」という商品も発売されています。

私は貧血になる時があり鉄分サプリを飲んだりしているのですが、鉄分が摂れるピルクルを飲むと健康増進もされて鉄分も手軽に摂れるので、一石二鳥なのではないかと思いました!

ヤクルトのカロリーオフ商品をご紹介

ヤクルトにも、ピルクルと同じようにカロリーオフの商品である「Newヤクルト カロリーハーフ」が発売されています。

ちなみに、通常のヤクルトは赤いパッケージですがカロリーハーフは青いパッケージなので、店頭でも見つけやすそうだと思いました!

「Newヤクルト カロリーハーフ」はカロリー50%オフなので、その名の通り通常のヤクルトに比べてカロリーが半分ということですね。

Newヤクルト
カロリーハーフ
Newヤクルト
容量65ml65ml
熱量25kcal50kcal
たんぱく質0.8g0.8g
脂質0.1g0.1g
炭水化物5.7g11.5g
食塩相当量0〜0.1g0〜0.1g

ヤクルトのカロリーオフ商品の口コミを見てみると、やはり「カロリーオフなのが嬉しい」「甘すぎなくてとても美味しい」という口コミが多く見られました。

また、ヤクルトには乳酸菌が1本に1000億個入った「Yakult1000」、同じく乳酸菌が入った「アイスdeヤクルト」など、色々な種類の商品が発売されています。

私は「アイスdeヤクルト」が気になりました!大好きなアイスで乳酸菌を摂れて健康増進ができるのはとても魅力的ですよね。

またヤクルトからはピルクルと同じように鉄分やビタミンが入っている商品が発売されていないか調べたところ、「ヤクルト」シリーズにはありませんでした。

しかし、ヤクルトのその他の乳酸菌飲料である「ジョア」にはカルシウムとビタミンが摂れる商品や鉄分や葉酸が摂れる商品があります。

もし鉄分やビタミン不足が気になる方は、ジョアを購入するのも一つの手ですね。

私も貧血の時にジョアを飲んだことがあるのですが、マスカット果汁入りで味も美味しく、飲みやすい商品だと思いました!

ずっと飲み続けるならカロリーは気になるポイントよね。

カロリーオフの商品があるのは嬉しいわ!

ピルクルとヤクルトを毎日飲むのはOK?

ピルクルとヤクルトは飲みやすい美味しさで、さらに健康を増進してくれるのでずっと飲み続けたい商品ですよね。

カロリーや甘さが気になる方でも、カロリーオフの商品を選べば飲み続けるのに抵抗は少ないと思います。

しかし健康を増進してくれると言っても、毎日飲むのはOKなのか、過剰摂取にならないか疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、1日何本まで飲んでOKかも気になりますよね。ピルクルもヤクルトも容器が小さいので、1本の量が物足りなく感じている方もいらっしゃると思います。

結論から申し上げると、ピルクルもヤクルトも1日1本(65ml)を毎日飲むことを推奨しており、その理由は2つあります。

  • 1日65mlの摂取で健康増進が認められている
  • 普段から継続して乳酸菌を腸に届けることで、健康を保つ

もちろん1日65mlの摂取というのは推奨されている目安であり、これを超えたからと言って体に害があるわけではありません。

また、1日にたくさん飲んだからといってさらに健康が増進される効果があるわけでもなく、冷たいものを一度にたくさん飲みすぎるとお腹がゆるくなってしまうこともありますよね。

特にピルクルは455ml、910mlの紙パックでも販売されているので紙パックを買うとどうしても飲みすぎてしまうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も紙パックの飲料はコップに移していつもごくごく飲んでしまう癖があるので、ピルクルの場合は飲み過ぎに気をつけようと思いました。

もちろん1日65ml以上飲むことも禁止されていませんが、カロリーや糖質を飲んだ分だけ摂取してしまうので、推奨されている量を毎日飲み続けるのがおすすめです。

目安は1日65mlだということを念頭に置いて、あなたの体調や摂取カロリーに配慮して毎日飲み続けるのが良いですね。

毎日1日1本を飲むのが推奨されているのね!健康の為に頑張ってみようかしら?

まとめ

  • ピルクルとヤクルトの成分に大きな違いはないが、味と価格に差がある。
  • 成分の数値で差があるのは熱量・脂質・炭水化物でヤクルトの方が少し多く、関与成分にも少し違いがある。
  • 関与成分とは特定保健用食品に必ず含まれ、健康を維持増進する効果を発現し、体の調子を整える働きのある成分のことでピルクルとヤクルトの関与成分は乳酸菌である。
  • ピルクルとヤクルトの価格はピルクルの方が安いので価格重視の方はピルクルがおすすめ。
  • ヤクルトは古くから歴史があり、ヤクルトの創始者が乳酸菌に関する世界初の研究を行なった。
  • ピルクルとヤクルトを実際に飲み比べた感想は、ヤクルトは濃くて甘さと酸味が強く、ピルクルはすっきりしている。
  • ヤクルトとピルクルが甘い理由は、乳酸菌の酸っぱさを和らげるために甘みづけをしているから。
  • ピルクルもヤクルトも、カロリーや甘さが気になる方のためにカロリーオフの商品が発売されている。
  • ピルクルとヤクルトは健康増進と継続して乳酸菌を腸に届けるため、1日1本(65ml)を毎日飲むことを推奨している。

ピルクルとヤクルトの違いを調べたところ、成分やその数値に大きな差はないものの味や価格に違いがあることが分かりました。

しかし味に関しては人それぞれ好みがあるので、購入する時はあなたが好きな方を選ぶことをおすすめします。

私も最近はピルクルやヤクルトを飲む機会は減っていたのですが、毎日飲み続けることで健康増進に役立つと知って、これから1日1本頑張って飲んでみようかなと思いました!

タイトルとURLをコピーしました