ハッピーセットは何歳から食べ始めた?最も多いのは2歳から3歳まで!

スポンサーリンク
食材
スポンサーリンク

マクドナルドのハッピーセットはお子さんが大好きなメニューの一つですよね。

私も幼い頃はハッピーセットが大好きで、おもちゃも集めていた記憶があります。

しかし、早い年齢からハッピーセットを食べるのは健康面が心配で何歳から食べさせるか悩んでいる保護者の方も多いのではないでしょうか。

そこで何歳から食べ始めたか口コミを調べたところ、2,3歳からというお子さんが最も多いことが分かりました!

また子どもに必要なカロリーや、栄養バランスチェックの方法、カロリーを抑える技やおもちゃの対象年齢についても調べてみました。

ハッピーセットの栄養バランスやカロリーを知れば、保護者の方も安心して食べさせられますよね。

ハッピーセットを何歳から食べさせるか悩んでいる保護者の方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ハッピーセットは何歳から食べ始めた?

私自身、何歳からハッピーセットを食べ始めたのかはっきりと記憶がないのですが、4歳ぐらいからだと思います。

私の父は子どものお菓子やカロリーに関して厳しく、チョコレートもなかなか食べさせてもらえなかったので少し遅めかもしれません。

一方で主人は4歳までアメリカに住んでいたため、3歳ごろからもう食べていた!と言っていました。

保護者の考え方や環境により様々ですが、ハッピーセットは何歳からOKか公式に明記されていないので、保護者が食べてもいいと思ったタイミング次第ということになります。

私はまだ子どもが産まれていないので、子育て中の友人に話を聞いてみました。

0歳ママ
0歳ママ

今はまだ離乳食だけど、何歳から食べさせたらいいか分からなくて悩んでいるところ。

3歳ママ
3歳ママ

一度ジュースを飲ませたらジュースが大好きになってしまって…

だからハッピーセットもなかなか食べさせられない。

このように、いつからハッピーセットを食べてもいいのか悩んでいるという声を聞きました。

やはり、子どもには低カロリーで健康的な食事を心がけているので何歳から食べさせるべきか悩む保護者が多いということですね。

友人に聞く他にも、何歳からハッピーセットを食べさせたか口コミを調べてみました。

口コミを調べると2歳から3歳までが多い

実際に、何歳からハッピーセットをお子さんに食べさせているのか色々な口コミを調べてみました。

すると、早いお子さんで1歳半〜遅くて4歳からハッピーセットを食べ始め、最も多い年齢が2,3歳という口コミが多く見られました。

早い方では「頻繁に食べるわけではないため、1歳7ヶ月で食べ始めたという」口コミもありましたよ。

1歳半以降ということは、離乳食完了期から幼児食に移行する時期ということになりますね。

まだハッピーセットのメニュー全て食べられないので、保護者の方が食べているものを少しあげることも多いようです。

また上にきょうだいがいるお子さんはお兄さんやお姉さんと一緒に食べるのでどうしても食べ始める時期が早くなってしまうという声もあります。

少し遅めの4歳以降から食べ始めたというお子さんは、やはりカロリーや塩分が気になってあまり早い年齢から食べさせるのが不安だったという保護者もいらっしゃいました。

私も子どもが高カロリーな食事を取ることは健康面が気になりますし、できれば避けたいと思っています。

ここで気になるのが、そもそもハッピーセットは何カロリーなのかということですよね。

もしハッピーセットに低カロリーなメニューがあれば、それを組み合わせて食べるといいのでは?と思い調べてみました!

ハッピーセットには低カロリーなメニューもある

ハッピーセットのカロリーを調べる方法はあるのかしら?

カロリーが気になると言っても、ハッピーセットのメニューはそれぞれどれくらいのカロリーがあるのか私も知らなかったので調べてみました。

高カロリーとは言っても、私もマクドナルドは大好きですし頻度が多くなければ好きなものを食べてしまいます。

マクドナルドの公式サイトを確認すると、えだまめコーンは83kcalですが、チーズバーガーやホットケーキなどのメインメニューは250kcal以上と子どもにはやや高めですね。

しかし、サイドメニューサラダは10kcalと低カロリーなものもあるのでハッピーセットは子どもの健康や成長に配慮してくれていることが分かります!

マクドナルドには10:30までの朝マックと10:30以降に注文できるレギュラーの2つがあり、ハッピーセットにもその2種類があります。

ちなみに、私は朝マックのマフィンをたまに食べるといつもと違う特別な朝を感じるのでお気に入りです。

朝マックとレギュラーでは注文できる内容が少し違っているので、それぞれのカロリーを調べてみました。

ハッピーセットのカロリーを調べてみた

私はハッピーセットに今はどんなメニューがあるか知らなかったので、朝マックとレギュラーの内容を調べてみました!

メインバーガーだけでなくサイドメニューも充実しており、お子さんでも食べやすいように工夫されていますね。

ハッピーセットの各メニューのカロリーをご紹介します。朝マックの場合は4種類、10:30以降からのレギュラーの場合5種類からメインを選べます。

大人が注文するメニューと違って商品の幅は狭いですが、どれも子どもが好きなメニューばかりです!

メインメニューカロリー
エッグマックマフィン(朝マックのみ)311kcal
チーズバーガー(レギュラーのみ)307kcal
ハンバーガー(レギュラーのみ)256kcal
ナゲット5ピース270kcal
ホットケーキ(朝マックのみ)301kcal
プチパンケーキ161kcal

この中ではエッグマックマフィンが最も高カロリーですが、プチパンケーキだとその半分ぐらいのカロリーだということが分かります。

次にサイドメニューのカロリーをご紹介します。サイドメニューは比較的低カロリーなものが多く、お子さんでも安心して食べられそうです。

サイドメニューカロリー
えだまめコーン83kcal
ヨーグルト59kcal
サイドサラダ10kcal
ハッシュポテト(朝マックのみ)145kcal
マックフライポテトS(レギュラーのみ)225kcal

ハッシュポテトとマックフライポテト以外は全て野菜や乳製品中心なので100kcal以内に抑えられていますね!

しかし、えだまめコーンは誤って気管に入る可能性があるため3歳ごろまでは控え、4歳以降も喉に詰まらせないよう注意して食べる必要があります。

そのため、えだまめコーンは小さいお子さんは控え、もう少し大きくなって注意しながら食べるのがおすすめです。

最後にドリンクメニューのカロリーをご紹介します。あまりジュースを飲ませたくない場合はお茶やミルクから選べますね。

ドリンク(Sサイズ)カロリー
ミニッツメイドオレンジ92kcal
ミニッツメイドアップル10096kcal
ミルク137kcal
野菜生活10079kcal
爽健美茶0kcal

爽健美茶であれば0kcalなので、ジュースよりカロリーを気にせず飲めますが、現実的にお子さんが好きで飲みたがるのはお茶よりもジュースではないでしょうか。

私もジュースはこういった外食の時に飲ませてもらえると特別感があり、とても喜んでいました!

どうしてもジュースが飲みたい!と言うお子さんには、他のメニューの組み合わせでカロリーを抑えることができるので工夫しましょう。

子どもに必要な1日のカロリーは年齢によって違う

ハッピーセットのカロリーは分かりましたが、そもそも子どもにとってどのぐらい食べさせるのが適切なのか分からないですよね。

私自身、今自分の体が何カロリー摂取するのが理想なのかあまりよく分かっておらず、食べすぎたなと思ったら軽い運動をしてみたり、次の食事の量や内容を調整したりしています。

しかし、こういった食事量の調整は大人であれば自分で行えますが子どもの場合、自ら調整を行うのは難しいですよね。

そのためにも、子どもに必要な1日の摂取カロリーを把握して管理し、子どもの健康を守りたいという保護者の方が多いのではないでしょうか。

厚生労働省が発表している、子どもが1日に摂取すべきカロリーをご紹介します。

男の子女の子
1〜2歳950kcal900kcal
3〜5歳1,300kcal1,250kcal
6〜7歳1,550kcal1,450kcal
8〜9歳1,850kcal1,700kcal
10〜11歳2,250kcal2,100kcal

もちろんですが、年齢が高くなるにつれて必要な摂取カロリーが高くなっているのが分かりますね。

お子さんがハッピーセットを食べる時は、1日の摂取カロリーがこの表の中の数値を超えないように調整するのがおすすめです。

例えば、カロリーが高めのチーズバーガーを注文するならサイドメニューはサラダ、ドリンクはお茶を注文するとその食事での摂取カロリーを調整できます。

または、お昼のハッピーセットでお子さんが好きなものを注文したら夕食でカロリー控えめな食事を作るなど、さまざまな工夫ができますね。

私も子どもに必要なカロリーの目安を初めて知りました!薄味で健康的な食事をというのはよく聞きますが、具体的に知らなかったので子どもが産まれたらぜひ参考にしようと思います。

子どもの1日の摂取カロリーを参考に食事内容を考えるのがいいのね!

ハッピーセットの選び方は栄養バランスをチェック

ハッピーセットのカロリーを調べられるのはいいけど、店頭ですぐに計算できないわ…

ハッピーセットのカロリーをや1日に摂取すべきカロリーが分かりましたが、店頭で注文する時に健康的なメニューを瞬時に考えるのは難しいですよね。

特に休日のマクドナルドは店頭もドライブスルーもとても混んでいるところが多いので、長時間レジで悩むのは気が引けるという方もいらっしゃると思います。

私も後ろに並んでいる人がたくさんいると気になってしまい、ついいつも同じメニューばかり注文してしまいます。

あらかじめ何を食べるかお子さんと決めておくと、時間をかけずにスムーズに注文できますね。

そのために、マクドナルドの公式ホームページであらかじめ注文したい商品の栄養バランスチェックができるツールを見つけました。

これを使えば店頭で何を注文するか長時間悩むこともないですし、注文前に栄養バランスを計算できるのでとても便利ですね!

公式サイトで栄養バランスチェックができる

マクドナルドのメニューの公式サイトから、栄養バランスチェックをする方法をご紹介します。

こちらはお子さんだけでなく、大人の方でもバランスの良いメニューを食べたい時に利用できるのでおすすめです!

こちらは検索エンジンで「マクドナルド 栄養バランスチェック」と検索するとすぐにその画面を開けました。

またはマクドナルドの公式サイトにアクセスし「サステナビリティ」→「おいしい食事をいつまでも」→「栄養バランスチェック」からも確認できるのでぜひ利用してみて下さい。

栄養バランスチェックの使い方
  • 商品を選択

    注文したい商品を最大5つまで選択します。

    引用 マクドナルド
  • 商品を確認

    選択した商品を見ることができるので、間違いがないか確認します。

    引用 マクドナルド

  • 基本情報を選択

    このメニューを食べる方の性別・年齢・身体活動レベルを選択し、「栄養バランスチェック」をクリックします。

    引用 マクドナルド
  • 計算結果を確認

    結果が出るので、「1日の食事摂取基準値に対する充足率」を確認します。

    引用 マクドナルド
  • 商品ごとの合計値を確認

    「バランス」の隣の「数値」をクリックすると、合計のカロリーなど詳しい数値を見ることができます。

このように、スマホやPCから栄養バランスのチェックができるようになっているのでとても簡単ですね。

例として選んだチーズバーガー+フライドポテトS+ミニッツメイドオレンジSの組み合わせだと、合計624kcalになります。

3〜5歳の男の子の1日の摂取カロリーは1300kcalなので、この組み合わせで1日の約半分のカロリーを摂取することになってしまいます。

「1日の食事摂取基準値に対する充足率」を見ると、食塩相当量や脂質が50%を超えているのが分かりますね。

もし、このような場合は次の食事を塩分控えめにしたり、サイドメニューをサラダに変更するなど工夫して注文するのがおすすめです!

ちなみに、もしチーズバーガー+サイドサラダ+ミニッツメイドオレンジSの組み合わせに変更すると合計409kcal、食塩相当量や脂質の充足率も50%以下に抑えられます。

引用 マクドナルド

チーズバーガーとジュースの組み合わせが気になる場合は、普通のハンバーガーに変更したりドリンクをお茶やミルクに変更するなど、色々な組み合わせを試してみるのが良いですね。

私はあまりマクドナルドの公式サイトを見る機会はなかったのですが、食品管理や衛生管理など使用している食材についても紹介されています。

私たちに安全で美味しい食事を届けるために、マクドナルドは日々努力をされているんだと改めて知りました!

今度からは栄養バランスチェックを使ってカロリー計算をしてから注文するわ!

ハッピーセットで少しでもカロリーを抑える技とは

マクドナルドでは特定の材料抜きにも対応してくれるのかしら?

ハッピーセットには、メニューの組み合わせを工夫するだけでなく他にも摂取カロリーを抑える方法があります。

お子さんがどうしてもこれが食べたいと言った時や、大人が食べているものを少しもらって食べるときなどに使うと良いですね。

その方法はソースやシロップを貰わない、元の商品から塩抜きやソース抜きを注文する方法で全て注文時に店員さんに伝えるだけで対応してくれます。

マクドナルドではポテト揚げたてなど、可能な範囲でお客さんの要望に応えてくれるのも人気の理由ですね。

こちらもお子さんだけでなく、少しでもカロリーや塩分を抑えたいという大人の方にもおすすめできる方法です!

ソースやシロップを貰わずにカロリーを控える

プチパンケーキには31kcalのりんご&クリームソース、ホットケーキには121kcalのホットケーキシロップがついています。

もちろんどちらも甘くて美味しいのでお子さんが大好きなのも納得なのですが、カロリーを抑えるためにはソースやシロップをかけずに食べるのがおすすめです。

特にホットケーキそのものは301kcalなので、シロップと合わせると423kcalになってしまうので注意しましょう。

またナゲットを注文するとバーベキューソースかマスタードソース、たまに期間限定のソースも選べます。

ソースをナゲットにたっぷり付けて食べるのはとても美味しいですが、お子さんにあまりにも濃い味のものを食べさせるのは心配という方はソースをつけずに食べる方法があります。

さらにマスタードソースは刺激物になるので、小さいお子さんは控えるのがおすすめです。

私も昔はマスタードソースが苦手だったので、もしかするとマスタードが苦手なお子さんは多いかもしれませんね。

バーガーのソースやポテトの塩を抜いてもらう

マクドナルドのポテトは塩がたっぷりかかっていてとても美味しいのですが、やはり塩分の摂り過ぎは大人でも気になります。

フライドポテトのカロリーはSサイズでも225kcalと比較的高いので、注文時に塩抜きを注文すると少しでも塩分を抑えられます。

またハンバーガー、チーズバーガーにはマスタードソースが入っているので先ほども述べたように、お子さんにとって刺激物になるマスタードソースは避ける方がおすすめです。

このように注文内容を工夫するだけでカロリーを少しでも抑えることができるので、お子さんがハッピーセットを注文するときは参考にしてみて下さい。

さらに、ハンバーガーに入っているピクルスが苦手というお子さんも多くいらっしゃると思います。

そのような場合にも、ピクルス抜きを注文することができるので苦手なお子さんも安心して食べられますね。

私もマクドナルドではお客さんの要望にかなり柔軟に対応してくれることはなんとなく知っていましたが、ポテトの塩抜きまで注文できるとは初めて知りました!

ポテトの塩抜きやナゲットのソース抜きなど色んな方法があるのね。

これなら安心して食べさせられそう!

ハッピーセットのおもちゃは何歳まで遊べる?

ハッピーセットのおもちゃは何歳ごろまで遊べるのかしら?

お子さんがマクドナルドに行く時の楽しみといえば、ハッピーセットに付いてくるおもちゃですよね。

私もハッピーセットのおもちゃを集めるのが好きで、たくさんコレクションしていた記憶があります。

マクドナルドに行った時にお子さんがおもちゃで楽しそうに遊んでいる姿を見ると、私も微笑ましくなります!

ハッピーセットのおもちゃにも年齢制限はありませんが、おもちゃで遊ぶのに適した年齢はあるのでしょうか。

おもちゃの内容や使用しているキャラクターから考えると、小学校低学年ぐらいまでが対象だと思います。

ハッピーセットのおもちゃには種類がいくつかあり、その中でも男の子向け・女の子向けに分かれているのでお子さんが欲しい!と思うものが必ずありますよね。

おもちゃの種類は車の模型やパズル・図鑑・絵本・シールまで色々な種類がありますが、どのおもちゃをもらうか迷ってしまいます。

4歳ぐらいまでのお子さんは、模型やパズルなどの小さいおもちゃは誤飲の危険性があり保護者の方も不安だと思います。

しかし、色々な遊び方を調べてみると、工夫次第で小さいお子さんでも他のおもちゃで楽しめることが分かりました!

年齢に合ったおもちゃの楽しみ方をご紹介

4歳ごろまでのお子さんには誤飲の危険性をなくすためにも、小さい模型などではなく絵本を読み聞かせてあげたり図鑑を見せたりして遊ぶのがおすすめです。

読み聞かせであればまだ言葉を理解できない年齢でも、言葉の発育に良いと言われていますし図鑑を見せてお子さんが何かに興味を持ってくれると嬉しいですよね。

5歳ごろ〜小学校低学年ぐらいまでであれば、好きなキャラクターとコラボしたおもちゃで遊んだり、おもちゃを集めることが大好きになるのではないでしょうか。

ハッピーセットのおもちゃは約4週間ほどで変わるので、次は何がもらえるのか楽しみになりそうですね。

もしおもちゃがいらない年齢になったけど、ハッピーセットを注文したいという場合はおもちゃなしの注文をすることもできます。

しかしその逆で、ハッピーセットを注文せずに、おもちゃのみをもらうことはできないので注意しましょう。

SNSなどを見てみると、大人の方でも好きなキャラクターのおもちゃを集めるためにハッピーセットを注文する方もいらっしゃいました!

最近は流行っているキャラクターのおもちゃが付いていることが多いので、大人の方も注文する人が多いというのは納得ですね。

おもちゃがいらなくなると、おもちゃなしでも注文できるのね!

まとめ

  • ハッピーセットの対象年齢は公式に明記されておらず、何歳からでも注文できる。
  • 口コミによるとハッピーセットを食べ始める年齢は1歳半から4歳ごろまでで、その中でも2、3歳からが最も多い。
  • ハッピーセットのサイドメニューは比較的低カロリーなものが多く、カロリーを抑えられる。
  • 子どもが摂取すべき1日のカロリーは年齢によって違うので、ハッピーセットを注文する時は年齢別のカロリーに抑えるよう注意する。
  • マクドナルドの公式サイトにある栄養バランスチェックを使うと、注文前にメニューの栄養バランスやカロリーが分かる。
  • マクドナルドではポテトの塩抜きやソースなしなど、少しでもカロリーを抑えるための注文に対応してくれる。
  • ハッピーセットのおもちゃに年齢制限はないが、小学校低学年ぐらいまでであればおもちゃを楽しめる。
  • 4歳ごろまでは小さいおもちゃは誤飲の危険性があるため、絵本の読み聞かせや図鑑を見せるのがおすすめ。

ハッピーセットを何歳から食べさせるか悩んでいる保護者の方は多いと思いますが、マクドナルドの公式では何歳からOKと明記されていません。

口コミを調べると、2歳から3歳までに食べ始めたという声が最も多く見られました。

マクドナルドは私も昔から大好きなのですが、カロリーや塩分も気になるのは事実です。

お子さんと一緒に食べる時だけではなく、大人でも栄養バランスチェックを使ったり、ポテト塩抜きを注文したりするだけで、少しでもヘルシーなメニューになりますね。

私も子どもが産まれてハッピーセットを食べる年齢になったら、カロリー計算などを活用してなるべく健康面に配慮した食事の工夫をしていこうと思いました!

タイトルとURLをコピーしました