チョコレートは何歳からOK?意外な事実と効果について徹底解剖

食材
スポンサーリンク

甘くて美味しいチョコレートですが、何歳から食べていたか記憶にありますか?

正直私は何歳からチョコレートを食べていたか記憶にはありません。

保護者の方々の話や、ネットの口コミを見ていると「チョコレートは何歳からあげていいの?」という疑問が多く見られます。

実際、「幼い時から与えている」という家庭もあれば、「特別与えることはせず、自然に大きくなるまで食べていなかった」など時期は様々です。

大人になると、疲労回復でチョコレートを食べたり、贈り物など身近なお菓子ではありますが、子どもに与えることに少し抵抗のある保護者の方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、実際にチョコレートは何歳から食べることができるのか、また与える際のポイントや、チョコレートの効果を徹底解剖していきます!

スポンサーリンク

チョコレートは何歳から食べられるの?

チョコレート自体に、「何歳未満はNG」や「何歳を超えないと与えてはいけない」という制限は特にありません。

年齢的な制限がある食べ物で有名なものとして、「はちみつ」はよく耳にすることがあると思います。

これは、はちみつの中に稀に含まれるボツリヌス菌が、まだ抵抗力のない乳児の身体で菌に感染してしまい、「乳児ボツリヌス症」を防ぐため、厚生労働省から通達されています。

ですが、チョコレート自体は菌が含まれていたりする訳ではないので、その点だけをみると、何歳で与えても問題なないようです。

前提として、子どもがチョコレートを「何歳からなら食べても良い」という明確な基準はありません

しかし、乳幼児は消化器官が未発達なため、砂糖などを含む食品は負担が大きくなります。よって、少なくとも離乳食が始まる1歳半になってから、チョコレートを食べるほうが良いでしょう。

1歳半までであっても、チョコレートを少しなめる程度であれば問題ありません。また、1歳半~3歳までのあいだは、クッキーなどほかのお菓子に乗っている少量のチョコレートに留めておくと安心でしょう。

ダンデライオン・チョコレート

甘くて濃い味のチョコレートは、生まれたての乳児や、まだ消化機能が発達していない離乳食期間の1歳半までは控えた方が良さそうですね。

また、本格的にチョコレートを与えるのは3歳以降を目安にすると良いことがわかりました。

そして、実際にチョコレートバー(板チョコレート)を食べるのは3歳以降を目安にすることをおすすめします。

子どもの味覚は3歳までに食べた物の影響を受けるため、乳幼児の頃に味の濃い食べ物を口にしていると、将来的に濃い味を好んだりする傾向にあるといわれています。

子どもの味覚を養うためにも、味の濃い食品は、3歳頃までは控えることをおすすめします。

ダンデライオン・チョコレート

チョコレートは甘くて美味しいので、早く我が子と共有したい気持ちもあると思いますが、その気持ちをグッと抑えて様子を見ながら与えるのが良いですね!

私はこの事実を知るまでは、子どもがNGとなされる特別な成分などがチョコレートには含まれているのだとばかり思っていました。

そうなると、どのような点で子どもに与える時期に悩んでいるのかすごく気になりましたので、次項で考えられるお悩みポイントと、与える際の注意点をまとめてみました。

チョコレートの食べ過ぎはNG!与える際のポイント

前項で、チョコレートを与える年齢や時期は時に明確な決まりはないとお伝えしましたが、保護者の方々はどのような理由で与える機会を検討されているのでしょうか?

もちろん1番は大切な我が子の健康を想って、悩まれていることが多いと思いますが、口コミなどをみていると、いくつかの共通したものがありました。

チョコレートをあげるタイミングを見計らっている理由

  • 添加物が含まれている
  • 砂糖が多く、カロリーが高いため肥満になってしまうのではないか
  • 虫歯になってしまうのではないか
  • 味覚形成に影響するのではない
  • くせ(依存)になってしまうのではないか
  • 子どもがアレルギーを持っている可能性がある
  • カフェインが入っている

成分的なものから、イメージ的なものまで挙げられますね。

全体的に共通して「身体によくなさそう」というイメージが強いようです。

実際に、チョコレートには、乳化剤や、甘味料などの添加物を入れて作っているものがあります。

添加物が全くNGではありませんが、やはり無添加の方が親心としては安心ですよね。

オーガニックのチョコレートも販売されていますが、通常スーパーで販売されているチョコレートより数倍は値段が上がってしまいます。

また、明治の公式サイトによると明治ミルクチョコレート1枚(50g)のカロリーは283㎉であり、肥満も気になる点ではあります。

さらに、チョコレートは味が濃く、甘くて美味し分、くせ(依存)になりやすいと言われています。

その理由は、茶やコーヒー、チョコレートには、中枢神経系(脳)を刺激し、末梢器官にも様ざまな影響を及ぼすカフェインあるいはその類似化合物のテオブロミン、さらにポリフェノール類や各種アミノ酸、ビタミン類などが心身に何らかの有益効果を発揮するからである。
カフェインやテオブロミンは依存性を持つ薬物で、摂取欲求を引き起こす。

東京福祉大学

大人になれば、ある程度理性や自尊心で控えることができますが、子どもの場合でチョコレートの誘惑を抑えることが難しい場合もあります。

カフェインについては、大人の場合「眠気覚まし」や「覚醒効果」をうまく活用するために摂取していたりしますが、摂りすぎは良くないとされています。

また、カナダ保健省の研究によると、子どものカフェインの摂りすぎはより注意が必要とされています。

少量のカフェイン摂取はほとんどのカナダ人にとって懸念はないが、過剰摂取は不
眠症、頭痛、イライラ感、脱水症、緊張感を引き起こすため、特に子供や妊婦、授
乳中の女性は注意すること。

食品安全委員会

カフェインを摂取しすぎてしまうことで眠れなくなったりしてしまう可能性があるのですね。

子どもの成長において睡眠は欠かせないので、親としてはなるべく快眠して欲しいものだと思います。

上記のような理由だけを見ると、確かに与えるのを躊躇してしまうことに納得します。

大人の自分でさえも少しドキッとした部分がありました。

特に「くせ(依存)」の部分は、「気づいたらいっぱい食べてしまっている」なんてことにならないように、私自身食べる際に注意しています。

与える際に少しだけ注意しながら、子どもにもチョコレートを味わってもらいましょう。

子どもにチョコレートを与える際の注意点

チョコレートを与える際には、「量を与えすぎない」ことが大切であるとわかりました。

さらに細かいポイントとしては下記点を気をつけて与えると良いです。

  • 量に気をつける
  • 与える時間に注意する
  • 虫歯の予防を行う
  • チョコレートをそのまま食べるのではく、加工して与える
  • 事前にアレルギー検査を行う

これはどの食材・食品、どの年齢おいても共通して言えることですが、食べ過ぎはよくありません。

偏って大量に同じ食材を食べ続けてしまうと、摂取する栄養素にも偏りが出てきてしまいます。

それを考えるとやはり、食べる量というのはすごく大切なことがわかりますね!

子どもの場合余計に、アレルギーや、消化機能の問題、味覚形成などがありますので、初めから大量に与えたり、毎日たくさん与えることは控えたほうが良いです。

年齢が低ければ低いほど、身体の機能が発達していないので、カロリー計算や、与える回数を確認する必要がありますね。

時間もある程度決めることで、カフェインの摂取による不眠を解消することができます。

アレルギーについては、与えてしまって反応が出てしまうより、もし事前に検査ができれば安心して与えることができますよね!

あとは、チョコレート依存にさせないためにも、チョコレート単体を与えるのではなく、クッキーやパンのトッピングなどで与えてみるのも効果的です。

健康維持のためにもバランス良く色々なものを食べることが大切です。

チョコレートを幼い子どもに与える際は、上記のような点を少し注意し、目の届く範囲で食べてもらうのが良さそうです。

自分自身は食べていたとしても、我が子を思うと、「身体に良いものをバランスよく取ってもらいたい!」と思うのが親心ですよね。

適量のチョコレートは健康に効果あり!?

チョコレートを与えることについて、色々と悩む部分は多いと思います。

ですが、チョコレートはデメリットだけでなく、与えることで健康に良い効果もあるのです!

食品にはそれぞれ固有の成分が含まれています。チョコレートにも身体に良い成分はたくさん含まれています。

甘くて美味しいだけでなく、しっかり身体に良い効果が期待できるとなると嬉しいですよね!

子どもに与える際も、適量であれば健康を保つためには効果を期待できる食べ物です。

カカオポリフェノールによる作用

チョコレートの主な原材料として使われているものに「カカオ豆」というものがあります。

カカオ豆の栄養成分であるカカオポリフェノールは、強い抗酸化作用を持っているとされています。

【カカオポリフェノール】…肌老化、動脈硬化の予防に◎

カカオポリフェノールは、カカオを主原料とするチョコレートの代表的な栄養成分。チョコレートの苦味や渋味はこのカカオポリフェノールによるもので、ハイカカオチョコレートのようにカカオの含有量が多いほど苦味も強くなります。

高い抗酸化作用を持つポリフェノールは体内の酸化を抑えてくれるため、

肌老化の防止

・動脈硬化の予防

・アレルギーの改善

・精神安定、リラックス

といった効果が期待できます。

ダンデライオン・チョコレート

老化防止や生活習慣病の予防については、子どもの年齢ではまだあまり直接的に感じ取れないかもしれません。

ストレスの軽減という点においては、精神安定という意味では、子どもにも効果を期待できますね!

穏やかに過ごせたり、安眠に繋がったりなど、間接的に成長のサポートをしてくれる栄養素になっているということがわかりました。

私も何かに行き詰まったり、疲労を感じる時はチョコレートを食べたくなりますが、ストレス軽減などの効果を身体が覚えているのかもしれません。

デオブロミンによる作用

あまり聞き慣れないですが、チョコレートやココアには「デオブロミン」という成分が含まれています。

デオブロミンはチョコレートやココアの苦みの主成分である。ヒトではチョコレートやココアを食すると、神経伝達物質であるセロトニンの生成促進、リラックス効果や食欲の抑制などや末梢血管の拡張を促し、代謝促進やダイエットなどにもつながるなどと言われている。

ペット栄養学会誌

このような効果を活用すべく、海外のホテルなどでは、安眠用にダークチョコレートが用意されていたりするそうです。

こちらも子どもの成長の面で考えると、リラックス効果があるのは嬉しいですね。

私はチョコレートを食べると何となく幸せな気分になりますが、ちゃんと理由があったと知り驚きました。

食物繊維も含まれている

便通改善に効果的な食物繊維もチョコレートには含まれています。

食物繊維は小腸で消化・吸収されずに、大腸まで達する食品成分です。便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能が明らかになっています。

厚生労働省

最近では便秘の子どもも多いようなので、食物繊維を美味しく摂取できるのは嬉しいですよね。

薬はなかなか口にしてくれない子どもでも、きっとチョコレートなら食べてくれそうですね。

ですがこれも与えすぎると、くせ(依存)になってしますので、分量や与える回数はよく検討してください。

ストレスの軽減や、リラックス効果もありますが、あまりチョコレートを与えすぎると、逆に覚醒してしまうので注意してくださいね。

子どもの様子を見ながら1歳半過ぎ以降に与えるようにするのがおすすめです。

このように、チョコレートは健康をサポートしてくれるような栄養素をいくつくも含んでいるので、子どもだけでなく、大人にもおすすめの食品です。

私はミルクチョコレートよりも、ブラックチョコレートを食べることが多いのですが、そのチョコレートで老化防止や、病気の予防効果が期待できるのはすごく嬉しいです。

日頃から多く食べる訳ではないですが、健康維持のために適量で食べ続けてみようかなと思います!

チョコレートの代用となる食品

栄養素がたくさん含まれていても、やはりチョコレートを与えるのは…と考える保護者の方には、チョコレートの代用食品をご紹介します。

私は、そもそもチョコレートの代用食品があること自体をここ最近まで知りませんでした。

以前お店で見た「チョコレート風」と書かれたお菓子を見て、「チョコレートではないの?」と思ったことがきっかけで、いくつかチョコレートの代用があることを知りました。

私のように、もしかしたらチョコレートの代用食品があること自体を知らない方もいらっしゃるかと思います。

子どもだけでなく、ダイエット中の大人やビーガン(完全菜食主義者)の方にも食べていただけるような食材もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャロブ

輸入食品店や、お菓子作りコーナーなどで販売されていることが多い「キャロブ」とは日本では「イナゴ豆」とも呼ばれています。

キャロブは地中海地方原産のマメ科の植物で、果実を乾燥させて食品として利用されます。

古代エジプトでは、砂糖の代わりとして甘みを足すのにも使われていたそうで、果実自体に甘みがあることがわかります。

実際に、見た目も味も本当にチョコレートそっくりなのです!

チョコレートのような香りとココアのような香ばしさをもつキャロブは、食物繊維や鉄分、カルシウムが豊富です。

また、カフェインが含まれず、脂質が少ないので小さなお子さんや妊娠中の人でも安心して食べられる食品です。

一般財団法人日本educe食育総合研究所

チョコレートと異なり、ノンカフェインであることも、代用食品としておすすめの理由の一つです!

栄養価が高く、ノンカフェインである点においては、子どもに与える際に安心できるポイントですよね!

ミルクやお湯で溶かして飲んだり、お菓子作りの材料として使用できる粉末状で販売されていることが多いです。

中には、チョコレートのように形成されたものを販売しているものもありますので、用途や量などによってお好みの形状を選んでくださいね。

純ココア

純ココアの原料はカカオ豆で、チョコレートと同じですが、カカオ豆から油分を取り出して粉末にしたものです。

純ココアは粉末で販売されているので、そのまま食べることは難しいですが、お菓子をチョコレート風味にするのに使ったり、ドリンクとして飲むことができます。

森永製菓株式会社の公式サイトによると、純ココアは砂糖やミルクが含まれていないことがわかりました。

チョコレートと違い、油分を取り除いており、砂糖などの添加物が入っていないので、何かに混ぜて幼い子どもに少しずつ与えるにはちょうど良いかもしれません。

純ココアの他に、「調整ココア」がありますが、こちらは砂糖などを加えて甘く美味しく飲めるよう加工されています。

今回の場合、加工済の調整ココアではなく、純ココアをおすすめします。

幼い頃に、今まで調整ココアを飲んでいた私が、お菓子作りで余った純ココアを、いつものようにミルクで溶いて飲んだ際に甘くなくてびっくりしたことを覚えています。

既に甘い味を知ってしまっていると、もしかしたら口にしてくれないかもしれませんので、チョコレートや調整ココアよりも先に与えるのが良いかもしれませんね。

チョコレートの長期保存方法

ここまでお伝えした通り、チョコレートは一度に多く食べるのはあまりおすすめできません。

なので、自宅で保管する必要がありますよね。その際にチョコレートの品質を落とさず、美味しいまま保つための保存方法についてご紹介していきます。

美味しいものは、最後まで美味しく食べたいですし、フードロス問題などもあり食品の無駄をなくし地球環境のためにもぜひ実践してみてください。

保存は必ず冷蔵庫で

暑い中にチョコレートを置いてしまい、ドロドロになった経験がある方も多いのではないでしょうか。実は私もその一人です。

既にご存知と思いますが、チョコレートは非常に溶けやすいです。

ですので、保存の際は必ず冷蔵庫に入れるようにしてください。

その時のポイントとしては、「野菜室」で保存することをおすすめします。

野菜室は冷蔵室に比べて、少し温度が高く設定されており、チョコレートの急激な温度変化を避けるために野菜室に使用することで、品質を保つことができます。

アルミホイルで包む

板チョコを思い出してみると、銀色の紙に巻かれてい流のが思い浮かびますよね。

あれは、光に弱いチョコレートを守るために覆われているのです。

個包装のものはそのままで問題ありませんが、板チョコや、包装が剥がれてしまったチョコレートはアルミホイルで包むと良いです。

光を遮ることで、チョコレートの風味を保つことができますよ。

私は板チョコがなぜ、銀紙に巻かれているのか不思議に思っていましたが、この事を知り食べかけで保存する際もなるべく銀紙は残すように心がけています!

保存袋に入れる

何かと便利な保存袋ですが、チョコレートも保存袋に入れることで、湿気や酸化を最小限にすることができます。

チョコレートだけに限ったことではありませんが、湿気は食品のカビや品質劣化の原因にもなります。

なるべく美味しい状態で長く保存するためにも、一手間かかりますが、保存袋に入れると良いです。

これらをまとめると、「チョコレートの保存は、アルミホイルに包んだ状態で保存袋に入れ、野菜室で保管する」ことが有効です。

ご自宅にあるものでできると思いますので、ぜひ試してみてくださいね!

まとめ

  • チョコレートは消化機能が発達する1歳半以降から少しずつ与えると良いとされている
  • 本格的に与えるのは、味覚形成後の3歳以降を目安にする
  • チョコレートの食べ過ぎは、肥満や依存になる可能性がある
  • チョコレートには、栄養価が高くリラックス効果などが期待できる成分を含んでいる
  • チョコレートの代用として、キャブロや純チョコレートを与えるのも良い
  • 保存の際は、アルミホイルに包んだ状態で保存袋に入れ、野菜室で保管すると良い

甘くて美味しいチョコレートは大人も子どもも大好きなお菓子の一つですよね。

だからこそ、子どもの健康を考えた時に、食べさせ始めるタイミングに悩んでしまいがちです。

保護者の方々が悩むようなポイントも事実ではありますが、適量であればチョコレートも成長のサポートとしては効果的かもしれませんね。

だからと言って無理に与える必要はないです。成長につれてどこかでチョコレートを知るタイミングはきっと訪れますので、そこから食べ始めても全く問題はないのです。

ただ、「美味しさを早く子どもと共有したい!」、「チョコレートの効果を子どもにも味わわせたい!」などある際には、1歳半以降から少しずつ与えてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました